大晦日の悲しい死。 事件です。

2008年01月01日

大晦日の悲しい死。

年越しそばを準備していた一人暮らしの老人が、悲しく亡くなってしまった事故。悲しい事故。(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000910-san-soci

一人暮らしのご老人が亡くなってしまうニュースをよく目にする。
昨日の事故の情景を思い浮かべると本当に悲しくなる。年越しそばを準備中。年越しそばと言ってもカップ麺。そのお湯を沸かすためにガスコンロにやかんをあげていた。ガス漏れの警報機がなっているのにも気がつかずにいるおばあちゃん。そのうち、何かの拍子でガスコンロの火が衣服に燃え移り、おばあちゃんの命を奪ってしまった。老人は将来どんどん増える。老人の経済環境は厳しくなる一方。働く世代は老人を顧みることを忘れている。もはや老人を敬う文化を忘れ去ってしまった日本。老人を一人で暮らさせてはいけないという法律でもできない限りこんな事故はなくならない。
posted by kenjie at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75860334

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。