電動ベッドで窒息死 事件です。

2007年12月27日

電動ベッドで窒息死

愛知県での痛ましい事故。
電動リクライニングベッドのマットとべッドを囲むガードの間に首を挟まれ、4歳の男児が窒息死する事故がありました。
(引用Yahoo!ニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?=20071226-00000163-jij-soci

電動リクライニングベッドが中国製であったために、事故そのものよりも「中国製」ということがクローズアップされている感があります。中国製の製品が世界各地で問題視されているのは事実。しかし、それを選び、自国へ輸入しているのは自国の業者であることを忘れてはいけませんよね。輸入して販売する者の責任はもっと問われるべきでしょう。

そして今回の事故。気の毒です。
子供の事故は親が子供から目を離してしまったときに起こります。子供から決して目を離さないこと、これは実はとても難しいことですよね。難しいことだから事故が起こってしまう。子供の事故が起こった場合、それは間違いなく親のせいなんですが、それよりも不運というほうが的確な気もします。
posted by kenjie at 10:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74902587

この記事へのトラックバック

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-29 10:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。