生まれたばかりの赤ちゃんを... 事件です。

2007年10月05日

生まれたばかりの赤ちゃんを...

ショッキングな事件。
自宅のトイレで出産した自分の子を、
窓から投げ捨て、頭部骨折の重傷を負わせた母親を逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000925-san-soci
(Yahoo!ニュース)

見出しを見ても一瞬意味がわかりませんでした。
まず、トイレで出産。
なぜトイレなのだ?しかしよく自力で出産したものだ!
なぜ家族は妊娠に気付いていなかったのだ?
秘密の妊娠だったということか?
妊娠中にこの女の頭を占めていたことは何なのだ?

この女を責めることは簡単なこと。
人の心の中、頭の中には、時として考えられないことが
浮かび、そして存在し続けることがある。
それは精神の異常とよばれることもあるが、誰にでも起こりうること。

当然、この女のしたことは常識では考えられない。
しかし、あくまでも常識的に評価すれば、ということだ。
もちろん犯罪である。犯罪ではあるが罰して終わりにしては、
この女は再び同じようなことをするかもしれない。

彼女の脳を支配していたことを暴かなければならない。
暴いて公表しなければならないのではなかろうか?
その中に、自分も感じたことのある感情や迷いや悩みがあったら、
あなたはどうする?

あなたも同じことをしてしまうかもしれないという
不安や恐怖を感じはしないだろうか?

しかし、そんな不安や恐怖を感じることはとても重要だ。
感じて、冷静にその善悪を見つめなおす余裕を私達は失っている。
posted by kenjie at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59074067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。