事件です。

2012年03月12日

浮気の代償はたぶんデカかった



男女関係に浮気はつきものと言ったら言い過ぎだろうか?
しかし、この浮気にまつわる事件はキツイ。浮気の代償としてはこれ以上高いものは無いのではないかな?


件のカップルの関係は14年間。
そんなに一緒にいたら嫉妬もしなくなるのではないかと、結婚生活が6ヶ月で破綻した筆者は思ってしまうのだが、あなたはいかがだろう?


2人の関係は事実婚のようだ。
もとより法律婚よりも事実婚が多いお国柄のフランス。でも、アメリカの同時多発テロの後や、2011年の日本での大震災の後には家族との絆の認識に変化が見られ法律婚を選択する人たちも増えたと聞く。やはり家族関係の証を求める心理というのは人間共通のものなのか?記事には、不貞をしたパートナーは被告のもとに戻って結婚することを決めているとあるから、今後、法律婚をするのだろう。


フランスの場合、事実婚と法律婚で当事者の権利などにどのような違いがあるのかは調べていない。法律婚にこだわらないできた歴史を見ると法律婚がとりたてて利益をもたらすものではないと想像できる。興味深いので後で少し学んでみよう。


しかし事実上、不倫の関係にあった相手のアレを切り落とすことが、パートナーへの愛情を示すことになり、愛情が強まったのか?こいつら頭は大丈夫か?


仮に2人の関係が破綻してしまった時の扱い方のにも関心がある。
今回の事件の発端は「浮気」である。浮気が事実婚の解消、法律婚の解消において当時者の法律関係にどのような影響をあたえるのか興味深い。これはフランス、日本、のいずれを問わずに興味深い。



事実婚が主流の国にあっては浮気の概念も日本とは異なるのかもしれない。今回も浮気相手が堂々と申し出ている印象。バレないように浮気調査をして証拠をつかつかもうとする日本のそれとは大きく様子が違う。日本では探偵事務所の大事な収入源である浮気調査だが、フランスでは成り立たないのかもしれない。



探偵の信頼を見極めるには運営年数がひとつの決め手になる。参入が比較的容易であるが故に競争が激しい浮気調査の業界。しかし信頼に足るところは数えるほど。証拠をとれるところをしっかり選んでいただきたい。35年続いている探偵を他に知らない。原一探偵事務所に相談してみてはいかがだろうか?
posted by kenjie at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。